HOME > DIK-DX4040
DIK-DX4040  ポータブルFTIRガス分析装置





DIK-DX4040



実際の使用例


DIK-DXシリーズの特長

● 小型軽量(13.8kg)、バッテリー駆動、
   サンプリングポンプ内蔵

● 約400種から最大25成分を選択し、
 多成分同時測定・分析が可能

⇒詳細はこちらPDF/DX4040 LDL values.pdf

● 土壌フラックスや各種現場環境の大気中ガス測定に最適

● 校正は1日1回のゼロ校正のみの簡単測定

● 測定時間は、わずか2分の高速応答

● 低ランニングコスト

● 通常時、感度校正不要(年に一度必要)


DIK-DX4040の特長


● 雰囲気中のガス成分測定

● 移動しながら測定が可能

● GHG(温室効果ガス)専用ソフト(オプション)

● 未知成分の定性定量が可能
(オプション)
仕  様 (DIK-DX4040)
測定セル温度 雰囲気温度 (結露のない事)
サンプル流量 1.5L/min (大気エアー)
電    源 DC11.25Vリチウムイオンバッテリ ※
消費電力 120W
使用雰囲気温度 0〜40℃
操作部 PDA (Personal Digital Assistant) または PC
サンプル中水分量 0〜3% (V/V)
サンプルセル容積 0.4L
測定濃度範囲 sub-ppm〜% level (ガス成分による)
測定波数範囲 900〜4,200 cm-1
測定波長範囲 2.5〜10μm
外形寸法 161×390×406mm (H×W×D)
重    量 約13.8kg
温室効果ガス測定用専用ソフト (測定範囲)
成分 最小 標準 最大 単位 MDCD*
1 H2O(水) 3 vol-% 0.01
2 CO2(二酸化炭素) 2000 ppm 5
3 CH4(メタン) 10 15 100 ppm 0.04
4 N2O(亜酸化窒素) 2 5 50 ppm 0.007
5 NH3(アンモニア) 10 15 100 ppm 0.07
6 CO(一酸化炭素) 10 50 200 ppm 0.07
   Detection limits calculated in ambient air (GHG Application use).
   * MDCD=Minimum detectable concentration differences, 3xSTDV
※ バッテリー動作時間約2.5時間(Bluetooth ON時、周囲温度による)