大起理化工業株式会社

HOME > products > 土壌採取機器 > 底質採泥器

DIK-190A 底質採泥器

PDFカタログ

主な特徴

簡単な操作で湖底、川底等の底質(汚泥)物をすくい取るものです。
採取部を開いたままの状態で静かに降ろし、採取場所に着いてから少しずつ引き上げると、汚泥をすくいながら閉じ採取できます。
3種類のサイズを用意しています

仕 様
DIK-190A-C1
(写真左上)
採取量6リットル 重量25.2㎏
DIK-190A-C1
(写真右上)
採取量2リットル 重量10㎏
DIK-190A-C1
(写真下)
採取量0.5リットル 重量2.1㎏

*採泥だけならピストン・サンプラーがあります
 > ピストン・サンプラー

*採泥と採水ならマルチ・サンプラーがあります
 > マルチ・サンプラー

DIK-190A-B1の外形寸法



採取方法

底質採泥器を開いて留め金をかけてワイヤーなどを使ってゆっくりと水中に沈めます。
底に到達したら、ワイヤーを少し緩めます。すると、留め金が外れますので、ゆっくりと引き上げてください。

ワイヤーを引き上げると、採泥器の自重で開口部が泥の中に沈み込む様にして徐々に開口部が閉まり採泥されます。
石などが開口部にはさまり、試料がうまく採取できない場合は、採取位置を少しずらすなどして、採取してください。

ページトップ