HOME > DIK-100A
DIK-100A  ハンドオーガーシリーズ

ハンドオーガーの構成

● 基本の組み合わせはグリップ付ハンドルと刃先の組み合わせになります。
● 刃先は土壌に合わせて選択して下さい。
● 採取深度が1mより深い場合は、継柄(延長棒)を使用します。
DIK-100A-B1 標準タイプ刃先例 ハンドオーガー接続例 グリップ付ハンドル例グリップ付ハンドル

ハンドルはグリップ部とハンドル部に分かれています。使用する際は、グリップ部にハンドル部を差し込み、時計方向に回転させて固定します。
継柄例接合部

ハンドルと刃先の接続に工具は必要ありません。凹凸を合わせて接続し、カバーをするだけで簡単・確実に接続できます。刃先の交換、継柄の接続が現場で短時間にできます。
*各種刃先は、下記をご確認ください。

型番・名称 刃先写真
(クリックすると拡大します)
仕様
DIK-100A-A1  

粘土質用刃先 穴径Φ7cm
 
DIK-100A-A1 粘土質用刃先 穴径Φ7cm  仕様
穴径約7cm、採土部長23cm、全長69cm、重量約0.8kg


●  粘土や湿った土壌向け 
●  粘土質土壌でも挿入しやすいブレード幅約3cm 
DIK-100A-B1  

標準タイプ刃先 穴径Φ7cm
DIK-100A-B1 標準タイプ刃先 穴径Φ7cm 仕様
穴径約7p、採土部長23p、全長69p、重量約0.9kg


●  一般的な土壌向け。最も作業性の良い汎用タイプ
ブレード幅約3.5cm
おすすめ製品  
DIK-100A-B2 

標準タイプ刃先 穴径Φ4cm
DIK-100A-B2 標準タイプ刃先 穴径Φ4cm 仕様
穴径約4p、採土部長20p、全長66p、重量約0.7kg


●  一般的な土壌向け。汎用タイプ
ブレード幅約2p
小径の穴をあけるのに最適
DIK-100A-D1  

砂質(粗砂)用刃先 穴径Φ7cm
DIK-100A-D1 砂質(粗砂)用刃先 穴径Φ7cm 仕様
穴径約7p、採土部長24p、全長70p、重量約1.0kg


●  粗砂や乾燥土壌向け 
●  ブレード幅約6.5p
●  ブレードとブレードの間を狭くして、砂質土壌が落ちないように工夫されて
    います
DIK-100A-E1  

レキ質用刃先 穴径Φ7cm
DIK-100A-E1 レキ質用刃先 穴径Φ7cm 仕様
穴径約7p、採土部長37p、全長66p、重量約1.7kg


●  小石や砂利混じりの土壌向け。円筒形状。
標準タイプ刃先との組み合わせにより、作業効率アップ
おすすめ製品
DIK-100A-F1 

多石質用刃先 穴径Φ7cm
DIK-100A-F1 多石質用刃先 穴径Φ7cm 仕様
穴径約7p、採土部長21p、全長65p、重量約1.3kg


●  小石混じりの土壌向け
先端に尖った刃先がついている為、小石を退けながら掘ることが可能です。
DIK-100A-G1 

スクリュウ型刃先 穴径Φ4cm
DIK-100A-G1 スクリュウ型刃先 穴径Φ4cm 仕様
穴径約4p、採土部長21p、全長64p、重量約0.8kg


●  一般的な土壌向け
小径の穴をあけるのに最適
DIK-100A-H2 

半円形刃先 穴径Φ3cm
採土部50cm
DIK-100A-H2 半円形刃先 穴径Φ3cm 仕様
穴径約3p、採土部長50p、全長90p、重量約1.3kg


●  軟らかい土壌向け
円柱状のサンプルを採取するのに最適
DIK-100A-H4 

半円形刃先 穴径Φ6cm
採土部50cm
DIK-100A-H4 半円形刃先 穴径Φ6cm 仕様
穴径約6p、採土部長50p、全長90p、重量約3.0kg


●  軟らかい土壌向け
●  円柱状のサンプルを採取するのに最適
DIK-100A-H6 

半円形刃先 穴径Φ2cm
採土部50cm
DIK-100A-H6 半円形刃先 穴径Φ2cm 仕様
穴径約2p、採土部長50p、全長90p、重量約1.0kg


●  軟らかい土壌向け
  円柱状のサンプルを採取するのに最適
DIK-101A-A1 

標準タイプ刃先 穴径Φ10cm
DIK-101A-A1 標準タイプ刃先 穴径Φ10cm 仕様
穴径約10p、採土部長27p、全長70p、重量約1.1kg


●  一般的な土壌向け
ブレード幅約5cm