大起理化工業株式会社

HOME > products > IoT対応型水質監視システム > 総トリハロメタンモニタ

MS2000 総トリハロメタンモニタ

製品概要

・水中の総トリハロメタン(THM)濃度を監視!
・試薬なしで±10ppbと高精度測定可能!
・非接触測定なので、メンテナンスが簡単!


主な用途

・水道水のトリハロメタン監視
・管内等のトリハロメタン監視
欧州では、飲料水中のトリハロメンタン(THMs)などの消毒副産物(DBP)のレベルを制限する規制があり、DBPレベルを測定する能力が必ず必要です。


特長

・総トリハロメタン(クロロホルム、プロモホルム、ブロモジクロロメタンおよび、ジブロモクロロメタンを含むTTHM)を検出

マルチセンサ社ホームページ
https://www.multisensorsystems.com/

主な仕様
測定範囲水中0~200ppb
測定精度±10%
再現性精度±2%
サンプリング周期20分
データ保存先マイクロSDカード、または内部メモリ
出力4~20mA、Profibus、Modbus、Wireless、USB
動作温度範囲0~40℃
サンプル温度範囲2~35℃
消費電力10W連続(90~240VACまたは24VDC)

Multisensor

Multisensor Systems は、英国に拠点を置く環境、水および空気モニタリング機器の開発および製造をしています。
当社の製品は、最高品質の規格に基づいて設計され、製造されており、次の用途に使用されます。

・水処理施設および排水処理施設の保護
・井戸、河川、その他の水路に流入する汚染データを収集して管理します
・プロセス制御データを収集してエネルギーと化学物質の使用量を削減する
・飲料水の配給ネットワーク品質を監視する
・商業、工業地域および農業地からの排出量を測定する

当社の計測器は、非常に高度な感度と、汚染事象や偶発的な流出に対する応答時間を最適化するオンラインレポート機能を備えています。
メンテナンスとキャリブレーションの回数が少なく、継続的なランニングコストが最小現に抑えられます。
当社の業界をリードするセンサー技術と革新的な信号処理技術は、お客様ニーズによるものです。

大起理化工業株式会社は、Multisensor Systemsの日本総販売代理店です。

ページトップ