HOME > 環境関連機器製品 > DIK-2610
DIK-2610  無粉塵型自動粉砕篩分け装置  RK4 U  

DIK-2610 無粉塵型自動粉砕篩分け装置本体
装置本体外観


DIK-2610 無粉塵型自動粉砕篩分け装置内部

装置内部


主な特長

● 環境汚染土壌分析等多試料の土壌粉砕・篩分けに最適

● 土壌の粉砕と直径2mm以下の篩分け工程を1台の装置で同時に行うことが可能。土壌前処理時間の大幅な短縮が可能になりました。

● 4個の容器(試料)で同時に粉砕可能。1個の容器で約100〜200gの土壌試料を投入可能です。

● 全ての工程を専用の密閉容器内で行うため、粉塵が無く清掃の手間を大きく省くことができます。

● 1回の粉砕時間は、約30秒〜最長2分と短時間での粉砕が可能です。

● 分析用土壌を篩分けする煩わしさから解放されます。
 
● 粉塵がでないため、作業者が粉塵を吸うことなく作業できます。集塵装置も必要ありません。

● 専用容器は洗浄して繰り返し使用可能。環境にやさしい製品です。

● 粉砕効率の良い遊星式回転装置を導入。装置の小型化が実現したことで、実験室内にも設置が可能です。


「第3回渋沢栄一ビジネス大賞」テクノロジー部門特別賞 「平成27年度新機械振興賞」審査員長特別賞
製品仕様
外形寸法 W750×D670×H700mm(突起部を除く)
重 量 約160kg
1回の粉砕時間設定 30〜120秒
加減速度 10〜80rpm
回転速度 100〜800rpm
電 源 AC100V
消費電流 最大約2.5A
専用容器内容積 粉砕土壌を入れる容器 約850ml
土壌回収容器       約570ml 
推奨土壌投入量 約100〜200g/1容器
ソフトウェア

DIK-0500 Daiki Location Manager を使用することで土壌サンプルの管理が可能

     ソフトウェアメイン画面    ソフトウェア地点登録画面
製品紹介ビデオ

無粉塵型自動粉砕篩分け装置における、粉砕・篩分けまでの一連の操作や、粉砕結果をご確認頂けます。

製品紹介ビデオが2012年9月に新しくなりました。
粉砕器本体扉と専用容器がアップデートされています。


※ ご注意 ※
● 紹介ビデオで使用している装置は試作機ですので、実際の製品とは形状等異なる場合があります。

● 紹介ビデオ内で内部動作の紹介をしていますが、実際の製品では扉を開放した状態での動作は行うことが出来ません。

粉砕棒・専用容器 (1台に各8個付属)

専用容器内に入れる粉砕棒

粉砕棒
専用容器組み立て状態

専用容器
受け容器にフタを付けた状態

受け容器
専用容器内に入れる粉砕棒です。

専用容器内に土壌と粉砕棒を入れて回転させることにより、土壌を粉砕することが出来ます。
専用容器外形寸法 (組立て時)
高さ約200mm、直径(最大)約150mm

専用容器(ポリプロピレン製)は、2重構造の蓋により、粉砕土壌が漏れない構造になっています。
受け容器は、2mmの篩で粉砕された土壌を回収します。専用のフタを取り付けて、保存容器として使用することが可能です。