大起理化工業株式会社

HOME > products > 土壌水分計(pF測定) > テンシオメータ (圧力ゲージタイプ)

DIK-3162 テンシオメータ (圧力ゲージタイプ)

問い合わせ

DIK-3162 テンシオメータ (圧力ゲージタイプ)
DIK-3162 テンシオメータ (圧力ゲージタイプ)

pFメ-タ(テンシオメ-タ)は現場において土壌水分の吸引力を測定し、直接pF表示するメ-タです。
主に畑作物の灌水の目安や施設栽培の土壌水分管理に利用されています。

表示部は交換ができます。

この製品はpFメータのようにpF値を直読することはできません。


【土壌水分・硬度計は大起理化工業】

仕 様

受感部+アダプタ
DIK-8333-11
DIK-3160-13
埋設深さ20cmが標準仕様となります。
※20cm以外の深さや、5㎝、また100㎝以上のものも特注で製作可能です(価格が変わります)。
テンシオカップ部長さ φ18mm×90mm(素焼き部60mm)
表示器
DIK-3162-01
定格圧力  水柱圧 0~-100kPa
精度 ±1.5% F.S. (at 23±5℃)
外形寸法 φ67×32mm
重量 約105g

Q&A

Q;設置後どの程度で数値を読み取ればいいですか?
A;基本的には設置後24時間放置した後の数値を読み取りしてください。但し、早ければ2~3時間で読み取れる事もあります(土壌の状態や設置状況に依存します)

Q;設置後数時間経過しても測定値が0のままです。何か原因が考えられますか?
A;受感部のポーラスカップ(先端の白いセラミック部)が設置した土壌面と接触していないと0のままの場合がございます。この場合は設置場所を変更する事をおすすめ致します。またゴム栓などが、しっかり閉まっているかもご確認ください。

Q;受感部内の水はどの程度でなくなりますか?
A;夏場では2~3日で内部の水が無くなる事が多いです。地上部で見える透明パイプ内に水が無い場合はできるだけ早めに補水をしてください。

Q;使用しない時の保管はどうすればいいでしょうか?
A;ゲージ以外は水で軽く洗浄し、分解して日陰で保管してください。

  • テンシオメータ設置方法

    動画はpFメータのものですが、同様に設置します。

  • pFメータを設置して、水やりしてみた

    実機(pFメータ20cm用)を鉢植えミニトマトに設置して水やりをしてみました。

ページトップ